本文へスキップ

看護師になるには  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 仕事・資格 > 看護師になるには

看護師になるには


看護師になるには

看護師は、景気に関係なく不況でも需要があり、女性でも一生続けられる仕事なので、公務員並みに安定している職業と言えるかもしれません。

不況が続く現代は、看護師は人気の職業になっています。

では、看護師になるにはどうしたら良いのでしょう?

看護師になるには、高校卒業後3年間以上の教育を受け、国家試験に合格する必要があります。

看護師養成のための教育機関には、主に3つの種類があります。それぞれ特徴がありますので、一つずつ見てみましょう。


1つ目の教育機関は、看護専門学校です。
看護専門学校は、3年間の教育課程になっています。

看護専門学校の特徴は、実習時間が多いことです。病院での実習をたくさん行うため、看護師としての実践力が最も身につくと言われています。


2つ目が、看護短期大学です。
一般的な短期大学は2年間ですが、看護師になるには3年以上の教育が必要なので、看護短期大学では3年間学びます。

看護短期大学と看護専門学校の教育期間は同じ3年間ですが、看護短期大学は、卒業後に大学へ編入できるという強みがあります。

短期大学を卒業してさらに看護を学びたいと思ったら、看護大学の3年へ編入することができます。


3つ目が、看護大学や大学の看護学部で4年間学ぶ方法です。
大学では、「看護学」を学びますので、看護をする上での必要な系統的な思考力を身につけることができます。

また大学によっては、保健師や助産師の教育課程が組み込まれているところも多く、卒業と同時に看護師だけではなく保健師や助産師の国家試験受験資格を得ることもできます。


それぞれ教育年数や特徴が異なりますので、入学前だけでなく看護師になった後のことも考えて、自分に合った学校を選ぶようにしましょう。

看護師の養成は4年制が望ましいと厚生労働省も提言していることもあり、近年、看護学部が新設されていて、その数はどんどん増えてきています。

現在働いている看護師は、看護専門学校を卒業した人が最も多いのですが、今後は4年制大学を卒業した看護師が多くなってくるでしょう。

PR




関連記事

→ 看護師の国家試験は難しい?
→ 看護師に必要な心構え
→ 看護師に向いている性格