本文へスキップ

スカートからズボンになった理由  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 現状・問題点 > スカートからズボンになった理由

スカートからズボンになった理由


スカートからズボンになった理由

看護師って、「白衣のワンピースがユニフォーム」というイメージがありませんか?

でも、実際に病院に行ってみると、スカートのユニフォームを着ている看護師は少なくて、ズボンをはいている看護師がほとんどです。

クリニックでは、スカートがユニフォームのところもありますが、病棟ではスカートをはいている看護師はあまり見かけません。

確かに「白衣」なんですが、スカートではなくズボンがユニフォームの看護師を見ると、なんか違和感を持つ方も多いのではないでしょうか。

一昔前は、白衣のワンピースが主流だった看護師のユニフォームがズボンに変わったのは、なぜでしょう。

看護師の仕事は、体力勝負のハードな仕事です。

身体の不自由な患者さんの移動を介助しなければならなかったり、緊急時は病棟を走らなくてはならないこともあります。

そんな時は、スカートにナースサンダルというスタイルよりもズボンにスニーカーのほうが機能的ですよね。

看護師は、患者さんの命を預かる責任の重い仕事です。

「患者さんのベッドから車椅子へ移動介助の時に、スカートが邪魔でバランスを崩して、患者さんが転倒してしまった」、「患者さんの急変時に、急いで薬剤を取りに行くのに、スカートだったため速く動けなかった」等の事態は避けなければなりません。

このような事態を未然に防ぐために、看護師のユニフォームはスカートからズボンのスタイルへと変化したのです。

入職時に、スカートかズボンかを自分で選ぶことができる病院もありますが、やはり動きやすいという理由で、自らズボンスタイルを選ぶ看護師がほとんどです。

また、男性看護師が増えてきたこともズボンが主流になった理由の一つと考えられます。

2002年に「看護婦・看護士」から「看護師」という呼称に統一され、男女の区別なく平等な職種なので、そういう観点からも看護師のユニフォームは、スカートよりズボンのほうが好ましいとされたのでしょう。

スカートでなければならないという理由は特にないので、やはりスカートから機能性の高いズボンに変わっていったことは、当然の流れなのかもしれませんね。

PR




関連記事

→ ナースキャップ廃止の理由
→ 医師と看護師は、仲が良い?
→ 看護師の失敗談