本文へスキップ

看護師に向いている性格  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 仕事・資格 > 看護師に向いている性格

看護師に向いている性格


看護師に向いている性格

「看護師になりたい!」と看護師を志しても、「私の性格じゃ、看護師に向いていないかもしれない」と思ったり、周囲に「あなたは看護師に向いていない」と言われたことがある人って、結構多いと思います。

看護師に向いている性格、向いていない性格ってよく聞きますよね。

では、「看護師に向いている性格」ってどんな性格でしょう?

一般的に「看護師に向いている性格」として認識されているのは、「優しい」ですよね。

確かに、怪我や病気で苦しんでいる患者さんは、看護師に優しくしてもらいたいのは当然です。

でも、優しいだけでは看護師は務まりませんよね。

看護師に向いている性格を考えるには、看護師に必要とされるものは何かがわかれば、自然と答えが出てくると思います。

看護師に必要とされるものの一つに、コミュニケーションスキルがあります。

コミュニケーションスキルが高い人は、外交的な性格と言えますね。

看護師は、患者さんの一番近くで働く医療職者ですので、患者さんの思いを受け止め、患者さんと良好な関係を築く必要があります。

さらに、看護師は医療職者間の調整役になることが多いので、コミュニケーションスキルは必須なんです。

また看護師は、働きながらも勉強が必要な職業です。

受け持ちの患者さんの疾患でわからないことがあれば、自分で調べて勉強しなくてはいけませんし、新しい看護技術や知識が導入されるたびに、新たに学習する必要があります。

さらに、院内研修や外部の研修会もたくさんあります。

仕事だけでも忙しいのに、それに加えて勉強しなくてはいけないのは、かなりの負担ですよね。

そのため、看護師は探究心や好奇心が旺盛である必要あると思います。

「優しい」、「外交的」、「探究心、好奇心が旺盛」であることが看護師に向いている性格と言えますが、上記の性格ではないから看護師に向いていないということでは決してありません。

常に向上心を持って努力を続ければ、性格の向き不向きの問題は解消されることでしょう。

最終的には、「向いているか、向いていないか」よりも「看護師の仕事が好きか?努力するか?」のほうが、重要と言えるかもしれません。

PR




関連記事

→ 看護師に必要な心構え
→ 看護師の身だしなみについて
→ 看護師の職場環境