本文へスキップ

看護師のお給料事情  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 給料・待遇 > 看護師のお給料事情

看護師のお給料事情


看護師のお給料事情

看護師は、一般的に結構お給料が高いと認識されていると思います。

では、具体的な看護師のお給料って、どの位なのでしょう?

厚生労働省のデータによると、看護師の平均年収は約470万円です。

サラリーマンの平均年収は約410万円ですから、サラリーマンの平均よりは高いですね。

でも看護師は国家資格ですし、人の命を扱う責任の重い仕事です。

さらに、肉体的にも精神的にもハードな仕事で、看護師は3k(きつい、汚い、危険)の仕事と言われていますから、実際に働いている看護師さん達は、自分のお給料が高いとは思っていないでしょう。

看護師の基本給って、実はかなり低めに設定されています。

基本給だけ見ると、一般のOLとほぼ変わらない額で、専門学校卒の新人看護師の場合、地域や病院にもよりますが基本給は20万円以下のことがほとんどです。

では、なぜ看護師は基本給が低いのに、サラリーマンよりも平均年収が良いのでしょう。

その答えは、夜勤手当と残業手当がつくからです。

2交代制の勤務の場合、夜勤手当は1回につき1万円前後です。

1ヶ月に5〜6回の夜勤があると、それだけで5〜6万円の収入になります。

さらに残業手当ですが、急性期病棟の場合仕事が忙しいので、どうしても残業が多くなります。

残業手当だけで、1ヶ月3〜4万円になることもあるんです。

夜勤手当と残業手当を合わせると、1ヶ月で約10万円。

これ、かなりの額ですよね。この手当で看護師のお給料は高くなっているんです。

でも、日勤だけの仕事で残業が少ない場合、看護師なのにお給料は一般OL程度になるということです。

基本給から各種保険や税金を引かれると、手取りで20万円を切ることも珍しくありません。

国家資格でハードな仕事なのに、夜勤や残業をしないとサラリーマンの平均以下のお給料しかもらえないのが看護師の現実です。

「仕事はきつい、お給料も高くない」という悪条件でも、仕事を続けていけるのは、「看護の仕事が好き」という看護師さんが多いからかもしれませんね。

PR




関連記事

→ 病院による給料と待遇の違い
→ 男性看護師のお給料
→ 仕事と家庭の両立は可能?