本文へスキップ

看護師の身だしなみについて  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 仕事・資格 > 看護師の身だしなみについて

看護師の身だしなみについて


看護師の身だしなみについて

看護師をしていると、いつも看護師長などの上司からチェックを受けるのが身だしなみです。

新人看護師が仕事を辞めたいと思う主な理由に、厳しい身だしなみの基準が嫌だからというものがあります。

身だしなみの基準はその病院やクリニックによって違うでしょうが、基本的には「常識的な範囲で」ということになると思います。

この「常識的な範囲」が、若い20代と管理職である50代では違うんです。

そもそも看護師の身だしなみが厳しい条件であるのはどうしてなのでしょう?

看護師は、患者さんに最も近いところで働く医療職者です。

患者さんは、疾患によって免疫力が下がっている場合が多いので、患者にとって身近な存在である看護師は、常に清潔でなければなりません。

不潔である場合、感染源となることすらあるのです。

清潔であるための身だしなみに、長い髪はしっかりまとめておくこと、爪は短く切っておくことなどが挙げられます。

また、病院によっては時計や指輪も手洗いの際に邪魔になり、場合によっては菌の温床となる場合があるので禁止されています。

上記に清潔であるという観点からの身だしなみの条件を記しましたが、その場合「清潔かどうかは、髪の毛の色や化粧は関係ない!自由で良いじゃないか!」と主張する人もいると思います。

確かに髪の色が金髪だろうと黒髪だろうと、清潔さは変わりませんよね。

でも、周囲に与える印象はかなり変わります。

看護師は、社会人です。一般企業で働いている社会人で、金髪や過度に濃い化粧をしている人は、ほとんどいないと思います。

なぜなら、社会人になれば社会的責任が出てくるので、身だしなみは誠実さや仕事への取り組みを示すものとして周囲に受け取られます。

また、身だしなみは、周囲の人と良好な関係を築けるかどうかにも関わってきます。

看護師の場合、患者さんと良好な関係を築かないと、より良い看護ができませんよね。

もし患者さんが、10代から20代の若者だけだったら、金髪に近い色でも、化粧が濃くてもそれほど大きな問題にならないかもしれません。

でも、病院に来る患者さんは、新生児から高齢者までありとあらゆる年代の人がいますし、そのご家族とも関わらなくてはいけません。

あらゆる年代の人に好印象を持ってもらうためには、やはり落ち着いた髪の色でナチュラルな化粧である必要があるんです。

「自分はこういうファッションが良い。別に患者さんに迷惑かけるわけではない」という目線ではなく、「自分が患者だったら、どのような身だしなみの看護師に看護されたいか」という目線で考えてみると、なぜ看護師の身だしなみが厳しい条件なのかが納得できると思います。

PR




関連記事

→ 看護師に必要な心構え
→ 看護師に向いている性格
→ 看護師の職場環境