本文へスキップ

看護師への満足度調査が行われる理由  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 仕事・資格 > 看護師への満足度調査が行われる理由

看護師への満足度調査が行われる理由


看護師への満足度調査が行われる理由

看護師の職場では、病院による「満足度調査」が度々行われています。

一般企業でも満足度調査は行われていますが、看護師の職務満足度調査は、一般企業よりも念入りに行われていると思います。

なぜ、そんなに念入りに行われてるかというと、看護師不足の問題が深刻だからです。

看護師不足は社会問題になっていて、どの病院も看護師確保が急務となっています。

必要数の看護師を確保するためには、求人を出して入職者を募ることも重要ですが、一番大切なことは、今働いてくれている看護師に今後も継続して働いてもらうことです。

つまり、看護師の離職率を下げることが、看護師確保のための一番大切なことと言えるでしょう。

看護師は、昼夜関係なく働くハードな仕事であり、「きつい、汚い、危険」の3Kの仕事と言われています。

それどころか、9Kなんて言われることもあるほどです。

それでも、お給料はそれほど高くないので、看護師で現状の仕事内容や勤務環境に満足している人はあまりおらず、不満を抱いている人のほうが多いと思います。

看護師は、売り手市場で求人がたくさんあるので、転職しようと思えば可能な職業です。

不満がある職場で我慢しながら働いているなら、もっと条件の良い職場へ転職しようと思うのは当然の事ですよね。

雇用している病院側が、看護師の具体的な不満を把握し、離職率を下げようとするために満足度調査は行われているんです。

不満を把握しても、全て改善できるわけではありませんが、できる範囲内で改善が行われることもたくさんあります。

例えば、ここ10年程で夜勤の勤務体制が3交代制から2交代制に変えた病院が増えていますが、これは、満足度調査などで実際に働いている看護師の声を参考にした成果と言われています。

託児所併設の病院が増えているのも、ママさん看護師の声を反映したものですね。

このような大きな改善だけではなく、身の回りの小さな不満でも改善してくれたなら、「病院側に自分達の意見を聞いてもらえている」と思い、働いている看護師のモチベーションアップにもつながり、最終的には離職率も下がってきます。

この満足度調査は、病院側にとっても看護師確保のための手段になりますし、看護師にとっても職場への不満を解消する手段になりますので、どちらにとっても有効と言えるでしょう。

PR




関連記事

→ 看護師の現状と問題点
→ 看護師不足の現状と原因
→ 看護師の悩み