本文へスキップ

看護師の国家試験は難しい?  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 仕事・資格 > 看護師の国家試験は難しい?

看護師の国家試験は難しい?


看護師の国家試験は難しい?

看護師になるには、看護学校を卒業しただけではダメなんです。

看護学校を卒業して得られるのは、国家試験受験資格です。

看護師は国家資格なので、国家試験を受験して、合格しなければなりません。

看護師の国家試験は、毎年2月下旬の日曜日に行われ、3月に合格発表があります。

国家試験と聞くと難しいイメージがありますよね。

看護師の国家試験の難易度って、どのくらいなのでしょう。

厚生労働省のデータによると、看護師国家試験の合格率は毎年約90%です。

これって、高いのでしょうか、低いのでしょうか?

数字だけ見ると、「意外に高いな。看護師の国家試験は、結構簡単かも」と思うかもしれません。

でも、国家試験を受けるのは、看護師になるための教育課程を3年以上受けた人達だけです。

さらに看護師の国家試験は、10科目にも及びます。

基礎看護学、成人看護学、小児看護学、人体の構造と機能などありとあらゆる分野から出題されます。

看護学校で学んだこと全てが出題範囲となっていると言えるでしょう。

それを考えると合格率が高いからと言って、一概に簡単とは言えませんよね。

看護師の国家試験は、学校での授業をしっかりと受けて、実習をまじめに取り組み、国家試験のための勉強をコツコツやっていれば、合格すると言われています。

もちろん、人それぞれでしょうが、ほとんどの人は受験の約1年前から、国家試験対策の勉強を始めているようです。

学校によっては、学校が国家試験対策のカリキュラムを組んで、通常の教育課程のほかに補習等も行っているところもあります。

3年間きっちり勉強すれば、合格可能な看護師の国家資格ですが、逆を言えば3年間あまり勉強していなかった人達は、不合格となります。

看護師の仕事は、命を扱う責任の重い仕事なので、国家試験は学生時代に不真面目だった人を看護師にさせないための試験とも言えるかもしれませんね。

看護師国家試験の出題範囲は、かなり幅広いので、日頃の授業を真面目に取り組み、コツコツ試験対策をしておくことが、国家試験合格の一番の近道と言えるでしょう。

PR




関連記事

→ 看護師になるには
→ 看護師を目指す理由
→ 看護師の業務