本文へスキップ

人間関係のストレス  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 悩み・子育て > 人間関係のストレス

人間関係のストレス


人間関係のストレス

看護師は、「白衣の天使」と言われていて、常に笑顔を絶やさずに患者さんやご家族に接しているというイメージがあると思います。

笑顔がトレードマークとも言える看護師ですが、看護師の世界は、結構人間関係が良くないことが多いんです。

最近は男性看護師の数も増えてきていますが、看護師はまだまだ女性が多い職業です。

看護師でなくても女性が集まると、「仲間はずれがない」、「お互いの悪口を一切言わない」ということは、ほぼ無いと思います。

女性ばかりのグループは、年代問わず幼稚園生からお年寄りまで、同じような傾向にあるんですよね。

看護師の仕事は、肉体的にも精神的にも時間的にもハードなものです。

そのような職場環境で働いていると、相手を思いやる心の余裕が無くなりがちです。

もちろん患者さんを思いやる心はありますが、気の合わない同僚を思いやる余裕がないんです。

お互いを労わる心がないと、自然と人間関係はギスギスしてきますよね。

人間関係が悪い職場で働いていると、それだけで大きなストレスになります。

元々看護師の仕事は、ストレスを感じやすいものなのに、仕事のストレスに加えて人間関係のストレスまで加わると、ストレスの許容量を越え、体調を崩したりうつ病などになってしまうこともあるんです。

さらに、人間関係が悪い職場の影響は、ストレスだけではありません。

看護師としてのスキルアップの妨げにもなります。

人間関係が悪い職場では、「スキルアップしよう」、「質の高い看護を提供しよう」という雰囲気にはならず、そのようなところで働いていると、職場全体だけでなく、看護師個人のスキルアップも望めません。

人間関係が破綻している職場で働いていても、良いことはないでしょう。

職場の人間関係は、自分の力だけでは解決できないことがほとんどです。

人間関係で悩みながら仕事をするなら、思い切って転職してしまうのも一つの方法だと思います。

人間関係の良い職場で、ノビノビ働き、スキルアップをしながら看護師を続けたほうが、ストレス的にも看護スキル的にも間違いなくプラスになりますよ。

PR




関連記事

→ 看護師の悩み
→ 看護師の職場環境
→ 医師と看護師は、仲が良い?