本文へスキップ

大学病院とスキルアップ  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 仕事・資格 > 大学病院とスキルアップ

大学病院とスキルアップ


大学病院とスキルアップ

大学病院は、最先端医療を行っている病院です。

そのため、看護師も高度で専門的な知識や技術が要求されます。

大学病院は病床数が多く、診療科も多岐にわたり、様々な疾患の患者さんが入院しているので、幅広い症例を看ることができ、高度な知識や技術を身に付けられるだけでなく、看護師のスキルアップには適した職場と言えるでしょう。

また大学病院は、看護師のキャリア開発プランであるラダーシステムや様々な分野の院内研修など、教育システムが充実しているという特徴があります。

これらのことを考えると、大学病院は新人看護師のためには良い職場といえますし、新人看護師だけでなく看護師としてのキャリアを積んでいこうと思っている人にはおすすめの職場です。

大学病院は、経験を積んでスキルアップをするには良い職場なんですが、全ての面でのスキルアップができるわけではないんです。

大学病院では、積むことのできない経験やスキルがあるって知っていましたか?

それは、静脈注射や採血、胃管チューブの挿入などです。

これらは、看護学校でも必ず学ぶほど基本的な看護技術です。

でも大学病院では、看護師の仕事ではないんです。

むしろ、「看護師はやってはいけない」と禁止されているところもあるほどです。

大学病院では、静脈注射や採血、胃管チューブの挿入は研修医が行っています。

つまり大学病院で働くと、様々な経験を積んでスキルアップできるけど、静脈注射や胃管チューブ挿入の技術は、大学病院以外のほとんどの病院では看護師が行っているにもかかわらず、身につけることができないんです。

そのため大学病院で長年働いてから転職すると、ベテラン看護師なのに、一般的な病院だったら「できて当たり前」であるはずの採血や点滴ラインの確保ができなくて、苦労したという話もよくあります。

定年までずっと大学病院で働くつもりならともかく、看護技術を身に付けつつ、スキルアップもしたいなら、新卒で大学病院に入職し、その後経験を積んで、一人前の看護師になったら、違う病院へ転職するほうが良いかもしれませんね。

PR




関連記事

→ 認定看護師とは
→ キャリアアップとライフプラン
→ 企業看護師への転職