本文へスキップ

派遣で働く看護師  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 就職・転職 > 派遣で働く看護師

派遣で働く看護師


派遣で働く看護師

一般企業では、正社員の他に派遣社員が活躍していますが、これは看護師業界でも同じことです。

正社員として働く常勤看護師以外にも、人材派遣会社から派遣されて働いている派遣看護師はたくさんいます。

看護師は、常勤の求人も多いのに、あえて派遣看護師として働くメリットは何でしょうか?

正社員の看護師の場合、勤務シフトは基本的に病院側に任せていますが、派遣看護師の場合、自分の勤務したい日を指定できるということが最大のメリットです。

家庭を持つ看護師、子育て中の看護師にとっては、仕事とプライベートを両立でき、場合によってはプライベートを優先させながら看護師として働くことができますので、このメリットは本当にありがたいことですよね。

では派遣看護師は、どのような場所で働くのでしょう。

派遣看護師の活躍の場は、正社員の看護師よりも選択肢が多いんです。

まず代表的な場所は、やっぱり病院です。

病院と言っても急性期病院、療養型病院、外来、病棟と働く場所は様々です。

また、クリニックや介護施設なども多いですね。

これらは、一般的な常勤看護師が働く場所と同じと言えるでしょう。

派遣看護師特有の勤務先としては、各地域での健康診断やツアーナース、イベントナースがあります。

健康診断は、病院や健診センターで行うこともありますが、各地域の公民館など住民の方が参加しやすい場所で行われるときもあります。

そんな時に活躍するのが派遣看護師です。業務内容は、採血や腹囲測定などを行います。

ツアーナースは、修学旅行や旅行会社が企画する募集方ツアーに同行し、イベントナースはスポーツイベントやコンサートなどのイベントの医務室に待機して、どちらも体調不良者が出たときに対処する仕事です。

これらのように派遣看護師の活躍の場は幅広く、正社員として働いていたら、経験できないような業務もあります。

しかし派遣看護師は、一般企業の派遣社員と同様に雇用形態は安定していないので、メリットとデメリットをしっかり考えた上で、働くようにしましょう。

PR




関連記事

→ 看護師の転職先
→ なぜ看護師の離職率は高いのか
→ 企業看護師への転職