本文へスキップ

ブランクのある看護師におすすめの転職先  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 就職・転職 > ブランクのある看護師におすすめの転職先

ブランクのある看護師におすすめの転職先


ブランクのある看護師におすすめの転職先

看護師の資格は、国家資格で更新の必要もありません。

そのため、出産や結婚、介護などの事情で一度看護師を辞めた人でも、再び資格を生かして働くことができるんです。

でも、看護師は専門的な知識や技術が必要とされる職業ですので、一度看護師を辞めてしまうと、復職するのが難しい場合もあります。

医療の世界は日々進歩を続けていて、どんどん新しい技術や知識が導入されています。

現役の看護師さんでも、その進歩に追いつくため、働きながら日々勉強を続けているのですから、ブランクがあり医療の現場を離れていた看護師さんは、ブランクがあっても働けるのか不安でいっぱいになるでしょう。

看護師は3年以上のブランクがある場合は、一から勉強しなければならないと言われいますので、いくら看護師の資格は一生使えると言っても、実際にはなかなか難しいというのが現状です。

でも、看護師不足が問題になっていますので、ブランクのある看護師さんでも積極的に採用するという病院は増えていますし、職場を選べばブランクがある看護師さんでも復職することは十分に可能です。

ブランクのある看護師さんにおすすめの職場は、介護施設です。

介護施設は、基本的に治療が必要な方は入所されていませんので、看護師の仕事は、バイタルチェックをしたり、服薬管理をするなど利用者の健康管理です。

医療行為はほとんどありませんので、採血や静脈注射などに自信ない人でも、勤めやすい職場といえます。

また仕事量も多くなく、のんびりした雰囲気の職場が多いですので、最初はマイペースで仕事に慣れていけるでしょう。

介護施設で働く看護師さんの中には、ブランクがあった人も多いですので、同じ環境の人と働くことができるのは心強いですし、職場の協力も得やすいと思います。

また、教育制度が整っている病院もおすすめです。

上記で述べたようにブランクのある看護師さんでも積極的に採用している病院は増えています。

プリセプターをつけてくれたり、入職前に復職支援研修を行ってくれたりと、ブランクのある看護師さんがスムーズに復職できる制度が整っている病院を選べば、安心して復職できるのではないでしょうか?

確かにブランクが長かった看護師さんが、いきなり第一線の急性期病棟で働くのは難しいと思いますが、職場を選んで復職すれば、再び看護師として働くことができますよ。

PR




関連記事

→ 看護師の転職先
→ 看護師の求人はどうやって探す?
→ 転職するときの注意点