本文へスキップ

ライフスタイルと看護師の仕事  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 現状・問題点 > ライフスタイルと看護師の仕事

ライフスタイルと看護師の仕事


ライフスタイルと看護師の仕事

看護師の仕事は、一生続けていける仕事です。

しかも、現在のところ看護師の免許は更新の必要がなく、一度国家試験に合格すれば、いつでも資格を生かして働くことができるんです。

また看護師の利点として、自分のライフスタイルによって、その働き方を変えることができる点があります。

看護師は自分のライフスタイルに合わせて、どういうスタイルで働くかを選ぶことができるんです。

新卒で入職してから、定年退職するまで、ずっと第一線の急性期病棟でバリバリ働くこともできますし、管理職を目指すこともできるでしょう。

また、キャリアアップして認定看護師や専門看護師、助産師として働くこともできます。

でも看護師の働き方は、これだけではありません。

看護師は女性が多い職業です。

女性の場合、どうしても結婚や妊娠、出産、育児、介護などの理由で、働くスタイルを変えなくてはいけない場合もありますよね。

いくら男女平等社会と言っても、妊娠・出産は男性にはありませんし、育児に関しても女性の負担が大きくなりがちです。

育児や介護のため、フルタイムで働くことができない場合、一般的な仕事だと、仕事を辞めなくてはいけません。

でも看護師の場合は、フルタイムで働くことができなかったら、パートや派遣、単発のアルバイトというスタイルで働くことができるんです。

また転職すれば、日勤だけの仕事や残業がない職場を選ぶことができますので、看護師を辞める必要はなく、自分のライフスタイルに合わせて、働くスタイルも変えられるんですね。

このように仕事と家庭を両立させたり、仕事よりプライベートを優先させながら働くことができるのは、上記で述べたように国家資格だからであり、さらに看護師が不足しているからです。

いくら国家資格でも、需要より供給が多く、人出が余っていたら、プライベートを優先させられるような求人はありません。

どこの病院やクリニックでも人材不足で困っている状態だから、様々な求人があり、それぞれのライフスタイルに合わせた働き方を選べるんですね。

PR




関連記事

→ 看護師の恋愛事情
→ 仕事と家庭の両立は可能?
→ 子育て中でも働けますか