本文へスキップ

看護師が転職するわけ  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 就職・転職 > 看護師が転職するわけ

看護師が転職するわけ


看護師が転職するわけ

看護師は人手不足と言われていて、売り手市場です。

近年は不況が続いていますが、看護師の場合、景気に関係なく求人があります。

看護師不足に加えて、好景気だろうと不景気だろうと、病気になったり怪我をする人はいるので、いつの時代も看護師の需要はあるのは、当然の事と言えますよね。

このような背景があるため、他の職種と比べて、比較的容易に転職することができ、実際転職する看護師さんも多いんです。

しかも、看護師の場合転職は1度だけでなく、2度3度する人も珍しくはありません。

看護師が転職する理由には、どんなものがあるのでしょう?

もし、職場に何にも不満がなく、現状に満足していたら、いくら求人があっても転職しませんよね。

転職理由で一番多いのは、年収アップを目指すものです。

看護師の給料は、その医療施設によって、かなり差がありますので、「転職して年収アップ」も可能なんです。

看護師の仕事はハードなものですし、お給料は労働の対価ですので、いくら看護師の仕事が好きでも、お給料が低いとモチベーションが保てませんよね。

少しでもお給料の良いところで働きたいと思うのは、当然のことと言えるでしょう。

その他の転職理由としては、仕事と家庭・育児の両立させたいというものです。

看護師の仕事は、夜勤や残業も多く、プライベートな時間を作りにくいんです。

そのため、独身時代と同じようなスタイルで働く場合、家庭や育児との両立が難しいという現状があります。

そのため「日勤だけ」、「残業がない」、「病院に託児所が併設されている」ような職場へ転職を希望する既婚者や子育て中の看護師さんが多くいます。

また職場の人間関係に嫌気が差して、穏やかな雰囲気のところへ転職したいという人もいますし、看護師としてのスキルアップ・キャリアアップを目指して転職する人もいます。

転職理由は人それぞれですが、転職を成功させるためには、転職前にしっかり情報収集しておくことが重要です。

せっかく転職したのに、前の職場のほうが良かったなんてことにならないように、転職は慎重に行いましょう。

PR




関連記事

→ 看護師のお給料事情
→ 病院による給料と待遇の違い
→ 仕事と家庭の両立は可能?