本文へスキップ

看護師を目指す理由  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 仕事・資格 > 看護師を目指す理由

看護師を目指す理由


看護師を目指す理由

幼い頃、将来なりたい職業を聞かれた時に、「看護師さん」と答えた人って多いのではないでしょうか?

白衣の天使と呼ばれる看護師は、子供たちの憧れの職業の一つです。

でも、憧れだけで看護師を目指す人は、ほとんどいないと思います。

実際に高校卒業後、または社会人になってから看護師を目指す理由、志望動機にはどんなものがあるのでしょう。


まず一つ目は、やはり看護師の仕事に魅力を感じたからという理由です。

医療職者の中には、医師、看護師、検査技師、理学療法士など様々な職種がありますが、看護師は最も患者さんに近いところで働く医療職者です。

病気や怪我に苦しむ患者さんに寄り添って、治療の手助けしたい、人の役に立つ仕事がしたいという思いから看護師を志す人が多いと思います。


また、家族や友人が病気で入院したときに、看護師さんの仕事ぶりを見て、自分も看護師になろうと決心したという場合もあります。


また、看護師になることのメリットが大きいことも、志望動機のひとつに挙げられるでしょう。

看護師は国家資格で、看護師国家試験に合格すれば、一生看護師として働くことができますし、看護師は病気や怪我に苦しむ人がいる限り、景気に左右されることなく需要がある職業です。

特に、日本は急速に高齢者が増えていますから、今後も需要はさらに高まっていくことが考えられます。

そのため、就職に困ることもありませんし、リストラされる可能性も非常に低いと言えるでしょう。

つまり看護師は、公務員並みに安定している職業なんです。


また、お給料がサラリーマンの平均よりも高いという点も大きなメリットです。

平成23年の厚生労働省のデータでは、看護師の平均年収は約470万円です。

サラリーマンの平均年収が約410万円ですから、看護師は比較的高収入と言えますね。

看護師の場合、働く施設や地域によっては、さらにお給料が高くなります。


以上が、看護師を目指す理由の主なものです。

もちろん、看護師を目指した理由は人それぞれですが、現役看護師さんはどちらか一方だけではなく、「看護師の仕事に魅力を感じた」、「安定してお給料も比較的良い」という両方の理由から看護師になった人が多いようです。

PR




関連記事

→ 看護師のお給料事情
→ 看護師に必要な心構え
→ 看護師に向いている性格