本文へスキップ

企業看護師への転職  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 就職・転職 > 企業看護師への転職

企業看護師への転職


企業看護師への転職

最近、転職先として看護師さんから注目を集めているのが、企業看護師です。

看護師といえば、病院やクリニック等医療施設で働くのが一般的ですが、企業看護師はその名のとおり、一般企業で働きます。

企業看護師にも種類があり、主に産業看護師、治験コーディネーター、臨床開発モニター、フィールドナースに分けられます。


産業看護師とは、一般企業の医務室や健康センターで働き、産業医と連携して、健診などを通じて社員の健康管理をしています。

最近は、生活習慣病の予防やメンタルヘルスケアが重要視されていますので、産業看護師の役割はとても大きく、その活躍が期待されています。

治験コーディネーターと臨床開発モニターは、治験業界で働きます。

どちらも新薬の承認のための臨床試験である治験が、スムーズに行われるために調整、管理する仕事ですが、治験コーディネーターは、治験を行う医療機関側から、臨床開発モニターは治験を依頼する製薬会社側から治験をサポートする違いがあります。

そして、フィールドナースは医療機器メーカーや医療用品メーカーで勤務し、営業担当者と共に自社製品のアピールや取り扱いの説明を行う仕事です。

これら企業看護師は、医学知識や高いコミュニケーションスキルが必要なため、看護師時代に培ったスキルや経験を生かすことができます。


病棟で働く看護師は、日勤と夜勤が混ざった混合シフトで、不規則な生活になりますし、基本的に病院側が決めたシフトで働きますので、なかなかプライベートの予定が立てられないという悩みがあります。

翌月のシフトができるのは、前月の末ということも珍しくはないんです。

企業看護師になれば、一般企業に勤めますので、日勤帯だけの仕事ですし、カレンダーどおりの休日であることが多いので、病棟で働く看護師さんにとって理想で職場と言えるんです。

しかも、看護師時代の経験を生かして働くことができますし、企業看護師になることは看護師からのキャリアアップという意味合いもありますので、人気の転職先であることにも納得できますね。

PR




関連記事

→ 看護師が転職するわけ
→ 看護師の転職先
→ 転職する時の準備