本文へスキップ

認定看護師とは?  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 仕事・資格 > 認定看護師とは?

認定看護師とは?


認定看護師とは?

病院に受診やお見舞いで行った時、男性看護師の姿を見かけたことはありませんか?

昔は、看護師というと女性だけの職業でしたが、最近はどんどん男性看護師が増えているんです。

以前は、女性看護師を「看護婦」、男性看護師を「看護士」と呼んでいましたが、2002年からは男女とも「看護師」の呼称で統一されています。


男性看護師の多い部署は、精神科や救命救急センターです。

精神科や救命救急センターの患者さんは、突然錯乱して暴れることもありますので、力の強い男性看護師が重宝され、活躍が期待されている職場なんです。

そして、最近は精神科や救急センターだけでなく、小児科や手術室、一般病棟にも男性看護師の活躍の場は広がっています。


男性看護師は、今後も増えていくことが予想されます。

なぜなら、看護師は安定した職業だからです。

長い不況が続き、世の中は就職難やリストラが社会問題になっています。

大卒の就職率も低く、就職浪人という言葉があるほどです。

その点、看護師は資格職ですし、常に需要がある職業ですから、就職先がないという心配はほとんどありません。

不況が長く続くと、公務員のように安定した職業を求める傾向にありますので、安定した職業の一つである看護師も、女性だけでなく男性にも人気の職業になっていくでしょう。


また、男性看護師を雇用するメリットも大きいので、医療現場での需要も増えていくと思います。

女性看護師の場合、結婚や育児は仕事に大きな影響を与えます。

産休・育休の取得して、仕事を休む場合もありますし、退職することもあるでしょう。

その点、男性看護師の場合は、産休はもちろんありませんし、育休を取得する人も少ないですよね。

さらに、家計を支える存在である場合が多いので、転職を繰り返す人はあまりいません。

一つの病院に長く勤める看護師は、病院側にとってはありがたい存在なんです。

このような理由から、男性看護師は今後もどんどん増えていくでしょう。

近い将来、男性看護師と女性看護師が同じくらいの割合になり、男性の看護師長が多くなるかもしれませんね。

PR




関連記事

→ キャリアアップとライフプラン
→ 大学病院とスキルアップ
→ 男性看護師の現状と今後の展望