本文へスキップ

看護師と准看護師の違い  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 仕事・資格 > 看護師と准看護師の違い

看護師と准看護師の違い


看護師と准看護師の違い

看護職には、看護師と准看護師の二種類があります。

看護師は、准看護師と区別するために「正看護師」と呼ばれることもありますよね。

では、この看護師と准看護師は何が違うのか知っていますか?

看護師は、3年以上の教育課程を受ける必要があり、「傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話または診療の補助を行うことを業とする者」とされています。

また、看護師免許は厚生労働大臣が交付する国家資格です。

それに対し、准看護師は教育課程は2年間であり、「医師・歯科医師、または看護師の指示を受けて、傷病者もしくは褥婦に対する療養上の世話または診療の補助を行うことを業とする者」と定義されています。

准看護師の免許は、都道府県知事免許であり、国家資格ではありません。

定義によると、看護師は自分の判断で看護を行うことができますが、准看護師は医師、歯科医師、看護師の指示を受けないと看護をすることができないんです。

つまり定義上では、看護師の下に准看護師がいるんですね。

では、実際に病院などの医療施設で働く場合、どう違うのでしょう。

病院に患者さんとして行った時に、「この人は看護師、この人は准看護師」と見分けがついたことありますか?

見分けなんてつかないですよね。

着用しているユニフォームも一緒ですし、仕事内容も特に変わりません。

定義では、看護師の指示を受けて仕事をする准看護師ですが、実際は看護師と同じ仕事をしているんです。

資格は違うのに、仕事内容は同じ。

でも資格が違うから、お給料には差が出ます。

もちろん、看護師のほうがお給料は高いです。

教育を受けた年数も違いますし、国家資格か都道府県知事免許かの違いはありますが、「仕事は一緒、でもお給料は違う」なんて、なんか変ですよね。

そもそも准看護師は、様々な感染症が流行した戦後に、早く看護師を増やす必要があったため、暫定的な措置として作られた制度です。

そのため、現代では看護職を一本化し、准看護師は廃止しても良いのではないかという議論もされています。

准看護師が今後どうなるかは決まっていませんが、これから准看護師を目指す人は、廃止の議論がされているという現状を知っておいたほうが良いでしょう。

PR




関連記事

→ 看護師の業務範囲は、病院によって違う?
→ 夜勤は2交代制?3交代制?
→ 常勤と非常勤の違い