本文へスキップ

看護師の業務  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 仕事・資格 > 看護師の業務

看護師の業務


看護師の業務

看護師の業務は、患者さんの日常生活援助と医師の診療補助です。

そして、患者さんの「安全・安楽・自立」を目指して看護を提供します。

このように看護師の定義を書いてみても、具体的にイメージしにくいと思いますので、病棟勤務の看護師の日勤業務の流れをご説明します。


看護師の日勤は、申し送りから始まります。

前勤務帯の担当看護師から、受け持ちの患者さんの状態や変化などを引き継いで、情報収集を行います。

この申し送りをしっかり行わないと、スムーズに仕事が進みません。

急性期病棟の日勤帯の場合、受け持ちの患者さんの数は5人〜8人です。

日勤帯での仕事は、バイタルサインの測定、全身清拭や入浴介助などの清潔ケアを主に行います。

このほか、食事介助や点滴や採血、皮膚トラブルの処置、検査出しや手術準備などを各患者さんの状態に合わせて行います。

またこれらの業務の間に、ベッドメイキングや患者さんのベッド周りの環境整備などもしています。


これらの業務を分類すると、全身清拭や入浴介助、食事介助、ベッドメイキング、環境整備が日常生活援助に当たり、点滴、採血、皮膚トラブルの処置、検査出し、手術準備などが医師の診療補助に当たります。

これらの業務を行うだけで、看護師の日勤はあっという間に過ぎていきます。

処置や手術準備などが重なると、時間が足りないほどです。これらの業務をこなしながら、各患者さんの詳細な看護記録を書かなくてはいけません。

この業務量を見れば、看護師の仕事はハードであることも納得できますし、残業が多いこともうなづけますね。


夜勤に入ると、みんな寝るから看護師の仕事も暇になると思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。

夜勤帯は看護師の数が少なくなりますので、1人の看護師が15人前後の患者さんを受け持っています。

確かに清潔ケアなどは、夜間には行いませんが、夜間でもナースコールは頻回に鳴りますし、急変が起こることもしばしばです。

また、翌日の日勤のための手術準備などを行いますので、夜勤は夜勤で非常に忙しい日が多いのです。

これらが看護師の業務内容になります。

「日常生活援助」や「診療の補助」といっても、たくさんの業務があるんです。

そして、それらは体力的に大変な業務ばかりですので、看護師の業務は、体力勝負と言えるでしょう。

PR




関連記事

→ 看護師の業務範囲は、病院によって違う?
→ 夜勤は2交代制?3交代制?
→ 常勤と非常勤の違い