本文へスキップ

看護師の職場環境  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 悩み・子育て > 看護師の職場環境

看護師の職場環境


看護師の職場環境

過酷といわれる看護師の職場環境ですが、具体的にはどのように過酷なのか知っていますか?

看護師の仕事は3Kと言われています。

「きつい、汚い、危険」の3Kですね。

この3Kの項目をそれぞれ具体的に見てみましょう。


まず、「きつい」から具体的に見てみましょう。

看護師の仕事は、体力勝負です。

立ち仕事で、勤務時間中に座れるのは、看護記録を書く時だけです。

また、患者さんのベッドから車椅子への移動を介助したり、寝たきりの患者さんの体位変換を行ったりと力仕事が多いのも特徴ですね。

また、病棟勤務の場合は夜勤もありますし、日勤後に残業するのが当たり前の職場も多いんです。

さらに看護師は、常に医療ミスを起こさないかというプレッシャーを感じながら仕事をしています。

医療ミスを引き起こすと、患者さんの命を奪ってしまいかねない重大な事故につながる可能性があるため、看護師の仕事は、体力的だけでなく精神的にもきついんです。

また看護師は、職場の人間関係に悩んでいる人も多いので、その点でも精神的な苦労が多いと言えるかもしれません。

次に「汚い」です。

看護師の仕事は、患者さんの日常生活援助をすることですから、患者さんのおむつ交換やトイレ介助、痰の吸引や清拭など、一般的には避けられるようなことが看護師の主な仕事になっています。

最後に、「危険」です。

看護師は医療職者ですから、常に感染の危険と隣り合わせです。

もちろん、できる限りの感染防御は行っていますが、採血時の針刺し事故等で命の危険が大きいC型肝炎やHIVに感染してしまったという報告もあります。

また、精神科勤務の場合、患者さんが突然錯乱して暴れることもありますので、その場合暴力を振るわれることもあるでしょう。

このように具体的な看護師の仕事内容も見ても、やはり看護師の職場環境は苛酷であると言えます。

過酷な職場環境だから、看護師は離職率も高いですし、より良い条件の職場へ転職を希望する人が多いんですね。

PR




関連記事

→ 看護師の悩み
→ 看護師の失敗談
→ 看護師へのクレーム