本文へスキップ

転職するときの注意点  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 就職・転職 > 転職するときの注意点

転職するときの注意点


転職するときの注意点

最近は看護師が転職する時に、転職支援サービスを利用するのが一般的になっています。

転職支援サービスを利用すれば、非公開求人を紹介してもらえたり、担当のアドバイザーがついてくれたり、場合によってはお祝い金が貰えたりと、利用価値が非常に高いからですね。

でも、この転職支援サービスを利用して転職する時に、注意しておく点があります。

それは、担当のアドバイザーの質です。

担当のアドバイザーが良いか悪いかが、転職の成否に大きく関わってきます。

アドバイザーは、希望の条件に合った求人を紹介してくれるだけでなく、勤務時間や給与等の勤務条件の交渉や職場の人間関係などの病院内部の情報収集を行ってくれます。

また、その病院に合わせた面接対策や履歴書の添削もしてくれますので、転職活動全体をサポートしてくれるんです。

そのため、担当アドバイザーが信頼できるかどうかは非常に重要です。

転職支援サービスの口コミを探してみると、ほとんどが良い口コミですが、中には「希望の条件と違う求人ばかり紹介された」、「転職は慎重に行いたいのに、強引に求人をすすめられた」、「転職サイトに複数登録していると告げたら、急に態度が冷たくなった」などの悪い評判もありました。

たくさんある転職支援サービスの中から、せっかく一つに絞ったのに、そこのアドバイザーの質が悪かったら、転職は失敗してしまうかもしれません。

担当アドバイザーによる転職失敗を防ぐためには、転職支援サービスに複数登録しておくことをおすすめします。

そうすることで、担当アドバイザーを選ぶことができますよね。

もし、複数登録していることを知った途端、態度が悪くなるようなアドバイザーがいたら、そこの利用をやめれば良いのです。

それに、どんなに担当アドバイザーの質が良くても、相性の問題がありますので、複数登録しておくメリットは大きいですよ。

転職支援サービスは、無料で利用できますので、気軽に複数登録できますよね。

ただ、あまりにたくさんのところに登録してしまうと、対応するだけで大変ですので3〜4つ程度にしておいたほうが良いでしょう。

PR




関連記事

→ 看護師が転職するわけ
→ 転職する時の準備
→ 転職サイトを選ぶポイント