本文へスキップ

病院による給料と待遇の違い  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 給料・待遇 > 病院による給料と待遇の違い

病院による給料と待遇の違い


病院による給料と待遇の違い

厚生労働省のデータによると、平成22年の看護師の平均年収は469万円です。

この数字は、あくまで全国各地で様々な施設で働いている看護師さんの平均です。

ということは、これよりも高いお給料のところもあれば、低いお給料のところもあるってことですよね。

地方によって、お給料には差が出てきます。

物価が高い東京や大阪などの大都市は、看護師のお給料も高い傾向にあり、逆に地方の場合は低い傾向にあります。

看護師の平均年収は、東京都の場合531万円、鹿児島県の場合389万円です。

この差は142万円。

ボーナスを考えずに142万円を12ヶ月で割ると、1ヶ月あたり約12万円も違ってくるのです。

ここから税金や保険などを引いても、1ヶ月あたり手取りで10万円ほど違ってくるでしょう。

1ヶ月10万円は、かなり大きな差だと思いませんか?

また、病院の規模や種類によってもお給料は変わってきます。

基本的に大病院のほうがお給料が高く、小さな個人病院は低めに設定されています。

また、病院の中でも国立や県立、市立など公立の病院は、普通の医療法人の病院よりもお給料が良いというデータがあります。

公立病院と医療法人の病院の平均月収差は、2010年度で約7万円です。これもまた、結構大きな差ですね。


次に待遇面ですが、やはり公立病院が一番恵まれているでしょう。

有給消化率も高いですし、夏季休暇などの長期休暇の日数も多い傾向にあります。

公立病院以外の有給消化率や休暇日数は、その病院によってかなり違いがあります。

大病院でも有給消化率が非常に低いところもありますし、小さな個人病院でも有給消化率ほぼ100%の病院もあります。

有給消化率が良いところは、夏季休暇と有給などを合わせると夏休みを10日以上取れるところもあります。

このように、病院によってお給料や待遇にはかなり差が出てきます。

お給料も高い、福利厚生などの待遇も良いという職場への転職を考えるなら、迷わず大都市圏の公立病院へ転職しましょう。

看護師でも公立病院に勤めれば、公務員扱いになります。一般的にも看護師業界でも、公務員は安定していて人気の職業なんですね

PR




関連記事

→ 看護師のお給料事情
→ 男性看護師のお給料
→ 看護師の職場環境