本文へスキップ

看護師は妊娠しても続けられる?  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 悩み・子育て > 看護師は妊娠しても続けられる?

看護師は妊娠しても続けられる?


看護師は妊娠しても続けられる?

最近、男性看護師もどんどん増えてきていますが、看護師はまだまだ女性が多い職業です。

女性が働く上で、結婚や妊娠、出産は大きなターニングポイントとなりますよね。

これらを機に、仕事を辞めたり、転職したりする看護師さんも多いんです。

看護師の仕事は、体力的にもハードですし、夜勤もあって不規則な生活になりますので、妊娠中も同じように仕事を続けていけるのかどうか、不安に思う看護師さんもいると思います。

看護師は女性の職場なので、一般企業と比べて、産休や育休などの福利厚生が整っているところは多いのですが、妊娠中もいくら産休や育休が整っていても、妊娠中に仕事ができなかったら意味ないですよね。

普通、妊娠したら職場に報告するのは、安定期に入ってからだと思います。

でも看護師の場合は、できるだけ早く師長や上司に報告するのが、妊娠中も仕事を続けていけるかどうかの大きなポイントです。

看護師は女性が多い職場ですし、医療職者ですから、妊婦に対して理解があるところがほとんどです。

妊娠したとわかれば、夜勤は入らずに日勤だけのシフトにしてくれたり、業務内容も比較的楽なものにしてくれたりと色々配慮してくれるはずです。

また、妊娠している看護師が心配なことは、レントゲンやCTなどの放射線ですよね。

もし働いている部署が、CT室や救急外来、心臓カテーテル検査室など被爆量が多そうな部署の場合、異動希望を出してみるのも良いでしょう。

看護師はハードな仕事ですが、女性が多いからこそ、妊娠中でも仕事が続けられるように周囲がサポートしてくれる職場がほとんどです。

産休直前でお腹が大きくなり、あまり動けない時は、看護部配属となって、病棟勤務ではなく、事務の仕事をさせるくれる病院もありますよ。

妊娠中は身体が一番大事ですので、妊娠前と同じように働くのはさすがに難しいですが、看護師の仕事を続けることは可能です。

「みんなに迷惑がかかるから」と遠慮せずに、職場や同僚の協力を得て、妊娠中も看護師の仕事を続けましょう。

PR




関連記事

→ 看護師の悩み
→ 仕事と家庭の両立は可能?
→ 子育て中でも働けますか