本文へスキップ

看護師不足の現状と原因  看護師情報サイトは素敵な看護師を目指すあなたを応援します!

トップ > 現状・問題点 > 看護師不足の現状と原因

看護師不足の現状と原因


看護師不足の現状と原因

看護師不足は、社会問題となっています。

元々、保助看法が制定された戦後すぐから、看護師不足は問題になっていて、看護師不足を解消するために准看護師の制度も作られましたので、戦後間もない頃からずっと看護師は不足しているんです。

現在の看護師不足の原因の一つは、2006年4月に導入された7対1入院基本料にあります。

患者さん7人に対し1人の看護師を設置した病院は、より多くの報酬を貰えるというものですね。

それ以前は、10対1だったり13対1のところがほとんどでした。

病院側も経営をしていく上で、より多く報酬を貰える7対1の入院基本料を導入したいですから、各病院が看護師の確保に取り組むようになり、元々不足気味だったのに、2006年4月からより多くの看護師が必要となったため、さらに看護師不足は進んだのです。。

では、実際に看護師はどのくらい不足しているのでしょう?

厚生労働省が出したデータによると、今年2013年は、需要に対して約42,000人もの看護師が不足するとのことです。

2014年は、約30,000人が不足するとの予測も出ています。

毎年2月に行われる国家試験の合格者数は、約45,000〜50,000人です。

つまり、毎年45,000人以上の看護師が誕生しているのにも関わらず、看護師不足は解消されていないんです。

なぜ、看護師不足が解消されないかというと、新しく看護師になる人以上に看護師を辞める人が多いからです。

看護師は離職率が高い職業です。

日本看護協会の調査によると、看護師の離職率は2010年度で11.9%です。

看護師の離職率が高い原因として、やはり仕事がハードであることが挙げられます。

看護師の仕事は「きつい、汚い、危険」の3Kと言われていますし、夜勤があり、週末の休みも少ないという悪条件です。

さらに、仕事内容の割にはお給料が低いと感じている看護師も多いんです。

このような環境で働くのなら、離職率が高いことも納得できますね。

看護師資格を持ちながら、現在は看護師をしていない人を潜在看護師と呼んでいますが、この潜在看護師は約55万人いるとされています。

看護師不足を解消するためには、潜在看護師に復職してもらうのが一番の近道と言われていますが、看護師の待遇を改善しなければ、復職する潜在看護師も増えないでしょうし、看護師不足は解消されないでしょう。

PR




関連記事

→ 日本と海外の看護師の現状
→ 男性看護師の現状と今後の展望
→ 看護師の現状と問題点